ザッカンの雑感

映画を見て、契約読んで、クリームパンを食べて、今を生きてます。

【映画】「タクシードライバー」

マーティン・スコセッシ監督の「タクシードライバー」(原題:Taxi Driver, 1976)のご紹介です。

【あらすじ】
海兵隊員でベトナム戦争から名誉除隊したと称するトラヴィス・ピックル(ロバート・デニーロ)はタクシードライバーとして勤務を始めます。大統領候補の事務所に勤めらベツィー(シビル・シェパード)に一目惚れするトラヴィス。ベツィーからは一見紳士的でまともな男性に見えますが…。

【雑感】
ラヴィスという人間
ラヴィスについてブレストすると以下のように:

  • 不眠症 
  • 黒人蔑視(睨み付ける場面や黒人へは躊躇がなく行動を起こす)
  • 虚言・見栄張り(親への手紙が特に顕著)
  • 成功欲求(タクシードライバーの先輩に相談)
  • 正義感が強い(娼婦の少女アイリス(ジョディ・フォスター)を助け出そうと目論む)
  • 用意周到
  • 行動力がある
  • 銃の扱いが上手い
  • ポルノ映画を迷い無くデートで観るセンス

こうして見ると、ベトナム戦争帰りで精神を患う若干ズレてしまった男の事件前後の話に思えます。不眠症なので妄想劇なのかもしれません。

鏡との会話

You talking to me?

このセリフが名言として有名らしいです。鏡に向かってホルスターの銃をいつでも出せる準備をしながら、いつか起きる事態の予行演習をしている状況で発言されます。日本の子供がエアガンでやると温かい目で見守りたいのですが、ロバート・デニーロの演技力もあり狂気的に思えます。

【終わりに】
音楽と雰囲気がよく、「タクシードライバー」という世界が自分を包むような感覚がします。なんかいいです。