ザッカンの雑感

映画を見て、契約読んで、クリームパンを食べて、今を生きてます。

当ブログのサイトマップ

当ブログについて

今のところ映画を紹介することが多い雑感ブログです。

映画カテゴリについて
実際に見た映画や映画本、映画関連ツールの感想記録です。

▼ 映画 カテゴリーの記事一覧 - ザッカンの雑感
 ∟▼ 監督別映画一覧 
 ∟▼ カテゴリ別映画一覧

 映画鑑賞法について書いた記事はこちら
わたしの映画鑑賞法

プライバシーポリシー
プライバシーポリシー - ザッカンの雑感

免責事項
免責事項等 - ザッカンの雑感

お問い合わせ先
TwitterアカウントがありますのでDMください。
Kan Zak (@Zakkan77350641) | Twitter

 

【映画】「ロープ」

アルフレッド・ヒッチコック監督の「ロープ」(原題:Rope, 1948)のご紹介です。

あらすじ

ブランドン(ジョン・ドール)とフィリップ(ファーリー・グレンジャー)はパーティ開催の直前に、アパートの一室で友人のデイヴィッドを殺害する。

無能はいなくなるべきという考えの下、有能が無能のデイヴィッドを完全犯罪により殺害し、有能を証明するためである。

ブランドンはデイヴィッドを壊れた鍵付きのチェストに隠し、それを食卓代わりにしてスリルを味わおうとする。

パーティは開かれるが、参加者で2人の大学教授であるルバート(ジェームズ・スチュワート)が何かに気付いたように意味深な質問を投げかけてジワジワと2人を追い詰める。

感想

普通のサスペンスと違うところ3点

一点目は、観客側は完全犯罪を企む殺人犯の立場に立つこと。

立場が変わると映し方も変わります。

普通なら犯人を探すストーリーなので探偵的な役割を担う人を中心に映されますが、今回は犯人が分かっているのでその必要はありません。

そういうわけで、チェストが開けられる危機があるときは会話している人たちはフレームの外に存在して、チェストを重点的に映すという描写もありました。

犯人にとってはチェストが開けられないかハラハラドキドキで会話なんて耳半分という犯人の心の状態が表現されているようでした。

二点目は、全てがワンショットで繋がっているように見せていること。

ショットの切り替えは、登場人物の背中を映したときがほとんどのようでした。

切り替わっているとはいえ、それぞれのショットは長く、劇を見ているようでもあります。

ワンショットが長い分演技力がものをいうので、殺人を取り繕うブランドンとフィリップの演技に注目です。

三点目は、舞台がアパートの一部屋のみということ。

以前記事を書いた裏窓は、アパートの一室から周りの全部屋を覗き見るというものでしたが、それと比べてもだいぶ範囲は狭いです。

さらに言えば、アパートの一室のチェストがある部屋が中心となり他の部屋もほとんど映されません。

この一室だけで起きるサスペンスを90分ほどで短すぎず長すぎずで時間も場所もみっちり収まっております。

段々と崩れる演技

ブランドンとフィリップが何も企んで無いことを装う映画の中での演技についてですが、追い詰められるに従って段々と言動がおかしくなってしまうんですね。

彼らにとっては普通のつもりなんでしょうけど、明らかにおかしい。

いつも通りのように不自然さを無くそうと演じつつ、それがいつも通りではないと気付くのは難しいことなのだなあと思い知らされます。

 

以下の記事もぜひご参考ください。
わたしの映画鑑賞法
監督別映画一覧 
カテゴリ別映画一覧
 
 

【映画】「用心棒」

黒澤明監督の「用心棒」(1961年)のご紹介です。

あらすじ

凄腕の剣客である桑畑三十郎*1三船敏郎)はある村に着いた。

その村ではパワーバランスが拮抗した2組のやくざが日々小競り合いを繰り広げている。

拮抗した状況を見て、彼は一方の組の用心棒として雇ってもらうこととした。

用心棒として抱え込んだ組は既に勝った気で相手の組と潰しにかかる。

いざ対決しようというところで、桑畑三十郎が突然、雇い主から不遜な態度を受けたと用心棒の職を放り出す。

用心棒がいなくなってしまい、さあ大変。

拮抗した双方の組が覚悟も無いままオドオドと戸惑う。

そんな状況を桑畑三十郎は想定通りに事が運んで楽しそうに笑う。

本作は桑畑三十郎が村のやくざたちにイタズラをして自滅させることを企む物語である。

感想

魅力的なキャスト

あらすじで書いた最初のイタズラで、物見やぐらの上に座って楽しそうにしている三船敏郎の笑顔が本当に楽しそうでいいですね。

三船敏郎の演技で有名のようですが、悪役の卯之助を演じた仲代達矢の演技も、表情と立ち姿だけで頭が切れる厄介な悪役が表現されていて、かなりいけてます。

2m超あるかという大男が出演されてますが、この方は羅生門綱五郎(らしょうもんつなごろう)という台湾出身の元力士・プロレスラーのようです。

正直大きすぎて鉄の棍棒でも振り回させたら太刀打ちできないし、新しい用心棒いらないんじゃないかと思ってしまいました。

名前を名乗らぬ格好良さ

あらすじで名前を桑畑三十郎と書いたのですが、彼自身が適当に作った偽名で、作中では名も無き侍状態なんですね。

名も無き侍が報酬欲しさでもなく*2名誉のためでもなく、ただ悪を成敗するという美学に惚れます。

「この紋所が目に入らぬか」と仰々しく名乗るあの方とは大違い。

本作が海外含め、名前を名乗らぬ正義の味方の走りだったらしく*3、映画界にも多大に影響しているそうです。

桑畑三十郎はもらったお金も困った人にすぐに渡しているので、そういう慈愛精神がアメリカ人のキリスト教観にマッチしたのかなあと思いました。

例えば「ある男がマフィアの抗争に巻き込まれた女性を偶然助け、マフィアを撲滅させる。(実は海軍特殊部隊で数々の勲章を授与し、名誉除隊した経歴を持っていたというオマケ付き)」という超テンプレストーリーは洋画であるあるですが、もしかしたら「用心棒」も何かしら影響しているのかもしれません。

 

以下の記事もぜひご参考ください。
わたしの映画鑑賞法
監督別映画一覧 
カテゴリ別映画一覧
 
 

*1:作中で名を問われた際に桑畑を見ながら適当に思いついた名前

*2:作中では一銭も彼のものになりません

*3:クリント・イーストウッド主演の「荒野の用心棒」は盗作だったようですが……

カテゴリ別映画一覧

備忘用と検索しやすいようにカテゴリ別で一覧化しました。
(監督別はこちら → リンク 
各作品名をクリックすると私の過去記事に飛びます。

★☆の基準は以下のとおりです。*1

★☆☆ 良かった
★★☆ 大変良かった or 個人的に好き
★★★ 反芻したいor必要
※が付くものは理解が難解だったもの

上から順番に割り振られる仕組みになっています。*2

メンテは不定期ですので記事があってもリンクが付いてない場合があります。すみません。

Sci-Fi(クリーチャー、パンデミック、災害含む。)

★★☆「アウトブレイク」(1995)
★☆☆「ヴォルケーノ・パーク」(2019)
★★☆「グエムル - 漢江の怪物 - 」(2006)
★★☆「ゴジラ」(1954)
★★☆「ゼロ・グラビティ」(2013)
★★★「2001年宇宙の旅」(1968)※
★☆☆「ダンテズ・ピーク」(1997)
★☆☆「ミミック」(1997)
★☆☆「MEG ザ・モンスター」(2018)
★★☆「メン・イン・ブラック」(1997)
★☆☆「メン・イン・ブラック:インターナショナル」(2019)

ホラー

★★☆「コンスタンティン」(2005)

ファンタジー

更新まち

時代劇

★★★「七人の侍」(1954)

戦争

★★★「地獄の黙示録」(1979)記事作成中
★★★ 「フルメタル・ジャケット」(1987)

アクション

★☆☆「ゲットバック」(2012)
★★☆「トップガン」(1986)
★☆☆「マイ・ボディガード」(2004)
★☆☆「ワイルドカード」(2014)

サスペンス

★☆☆「暗殺者の家」(1934)
★★★「裏窓」(1954)
★★★「サイコ」(1960)
★★★「タクシードライバー」(1976)
★★☆「ヒッチャー」(1986)
★★★「めまい」(1958)

ドラマ(日常、恋愛、ドキュメンタリー含む。)

★★☆「ショックウェーブ」(2020
★★★「友だちのうちはどこ?」(1987)
★★★「東京物語」(1953)
★★☆「とうもろこしの島」(2014)※
★★☆「ザ・エージェント」(1996)
★★☆「ロッキー」(1976)

コメディ

★★☆「ジム・キャリーのエースにおまかせ」(1995)

 

 

*1:日々変動し得る個人の主観に寄ります。好みは人によりけりなので、基本的に全部オススメが前提ですし、見るべきだと思います。世の中何が自分の最高傑作になるか分かりません。と言いつつホラーは怖くて基本見ません。

*2:例えば「MEG ザ・モンスター」はSFとアクションが重複しますが、先にSFに割り振られるのでアクションカテゴリには属しません。

監督別映画一覧

備忘用と検索しやすいように一覧化しました。
(カテゴリ別はこちら → リンク
各作品名をクリックすると私の過去記事に飛びます。

★☆の基準は以下のとおりです。*1

★☆☆ 良かった
★★☆ 大変良かった or 個人的に好き
★★★ 反芻したいor必要
※が付くものは理解が難解だったもの

メンテは不定期ですので記事があってもリンクが付いてない場合があります。すみません。

【ア行】

アダム・ハーヴィー

★★☆「ショックウェーブ」(2020)

アッパス・キアロスタミ

★★★「友だちのうちはどこ?」(1987)

アルフォンソ・キュアロン

★★☆「ゼロ・グラビティ」(2013)

アルフレッド・ヒッチコック

★☆☆「暗殺者の家」(1934)
★★★「裏窓」(1954)
★★★「めまい」(1958)

★★★「サイコ」(1960)

ウォルフガング・ペーターゼン

★★☆「アウトブレイク」(1995)

F・ゲイリー・グレイ

★☆☆「メン・イン・ブラック:インターナショナル」(2019)

小津安二郎

★★★「東京物語」(1953)

【カ行】

ギオルギ・オバシュビリ

★★☆「とうもろこしの島」(2014)※

キャメロン・クロウ

★★☆「ザ・エージェント」(1996)

ギレルモ・デル・トロ

★☆☆「ミミック」(1997)

黒澤明

★★★「七人の侍」(1954)

【サ行】

サイモン・ウェスト

★☆☆「ゲットバック」(2012)
★☆☆「ワイルドカード」(2014)
★☆☆「ヴォルケーノ・パーク」(2019)

ジョン・G・アヴィルドセン

★★☆「ロッキー」(1976)

ジョン・タートルトープ

★☆☆「MEG ザ・モンスター」(2018)

スタンリー・キューブリック

★★★「2001年宇宙の旅」(1968)※
★★★「地獄の黙示録」(1979)記事作成中
★★★ 「フルメタル・ジャケット」(1987)

ティーヴ・オーデガーグ

★★☆「ジム・キャリーのエースにおまかせ」(1995)

【タ行】

トニー・スコット

★★☆「トップガン」(1986)
★☆☆「マイ・ボディガード」(2004)

【ナ行】

更新まち

【ハ行】

バリー・ソネンフェルド

★★☆「メン・イン・ブラック」(1997)

フランシス・ローレンス

★★☆「コンスタンティン」(2005)

ボン・ジュンホ

★★☆「グエムル - 漢江の怪物 - 」(2006)

本多猪四郎

★★☆「ゴジラ」(1954)

【マ行】

マーティン・スコセッシ

★★★「タクシードライバー」(1976)

【ヤ行】

更新まち

【ラ行】

ロジャー・ドナルドソン

★☆☆「ダンテズ・ピーク」(1997)

ロバート・ハーモン

★★☆「ヒッチャー」(1986)

【ワ行】

更新まち

*1:日々変動し得る個人の主観に寄ります。好みは人によりけりなので、基本的に全部オススメが前提ですし、見るべきだと思います。世の中何が自分の最高傑作になるか分かりません。と言いつつホラーは怖くて基本見ません。

わたしの映画鑑賞法

イントロ

どうもこんにちは。

最近映画制作は緻密な作業の集合体と理解してから、映画をもっと真面目に見たいなあという想いに駆られ鑑賞法を模索中です。

なぜ面白いのか、素晴らしいと思うのかを言語化したい、といったものです。

こんな大層なことを言いながら「おもしろかった」で終わる記事もありますが、そこはご容赦いただければと思います。

さて本題に入り、現時点では以下2パターンで模索中です。

パターン① 良作シャワー

一般に良作とされている映画をたくさん見る方法です。

これは以前の記事(良作映画の選び方 - ザッカンの雑感)で紹介したものと同じになります。

デメリットは、名作といえど好き嫌いは分かれるので、映画の導入部分を見て気に入らなかった場合にその後耐え難い時間を経験すること。

本当に見たくなければスキップすればいいのでそこまでデメリットではないかな?

名作でも好き嫌いはあるという経験もいいかもしれません。

パターン② 一点集中

気に入った監督の作品を集中的に見つつ、その監督の解説を確認する方法です。

このパターンは映画の各描写が監督のどういう意図に基づいているかを知ることができ、直接的に映画を学ぶことができます。

デメリットは、名作を量産している監督がそれぞれについて克明に解説をしている、という厳しい条件をクリアする必要があることです。

幸いにも、フランソワ・トリュフォーという方が作り上げた、50時間以上の録音による名匠ヒッチコック監督の作品インタビューが解決してくれると思います。

結構分厚い本で苦労を要するのですが、確実に映画を理解できます。

・書籍(英語版): Hitchcock (English Edition)
・書籍(日本語版): 定本 映画術 ヒッチコック・トリュフォー
・書籍を題材にした映画: ヒッチコック/トリュフォー(字幕版)

日本語版はKindleがなく、やむなく英語版で頑張って読んでおります。

たくさん見るとお金がかかる問題

映画は制作者の汗と知恵の結晶ですから、お金がかかって当然です。

でも安くなるならありがたい……。

そういう場合にU-NEXTの無料体験があります。

変な話、無料期間で対象作品を見れば、1,000作品見ても無料です。

対象作品も豊富なのでオススメです。

有料を懸念される方は解約予定日をスケジュールにアラーム設定すれば解決です。

zak-kan.hatenablog.com

見る時間が無い問題

映画は60分程度のものから長いもので180分を超える作品もあります。

勉強や仕事で忙しい毎日の生活で見る時間を捻出するのは一苦労。

基本的に勉強や仕事を効率的に頑張るしか無いですが、寝ながら見る方法も推します。*1

そして寝ながら見るならスマホよりも目が悪くならないし迫力のあるプロジェクターで見たほうが断然面白いです。

興味がある方は私も使うAnker Nebula Astroがオススメです。

zak-kan.hatenablog.com

ちなみにU-NEXTでは1.4倍速と1.8倍速の再生機能があります。

例えば1.8倍速なら120分の映画が66分で見れてしまい、単純な時短になりますので、人によってはこれもオススメです。*2

こんな本もあった

まだ読んでいる途中なのでレビューを書ける状態では無いのですが、ワシントンポスト紙で映画批評をしているAnn Hornaday氏の映画の見方に関する本があります。

邦訳がなく恐縮ですが、Kindle版を購入済みで読み次第記事を書く予定ですのでご参考までに。

Talking Pictures: How to Watch Movies (English Edition)

まとめ

Step 1: 無料サービスを使う

Step 2: プロジェクターをセットする

Step 3-1: 良作シャワーを浴びる

Step 3-2: 特定の監督作品を総ざらいしつつ解説を読む

 

色々と細かく書きましたが、ポップコーンとコーラ両手に見ながら途中で寝てしまう鑑賞法も最高ですし、どんな鑑賞法も最高です。

こんな見方があると言う方はコメントやツイッターいただけると参考になります。

以上読んでいただきありがとうございました。

*1:身体には悪いかも。でもラーメンとか、お酒とか、人間って身体に悪いものを好きな生き物ですよね

*2:映画を味わいたい方にはオススメしません。私はあまり使いません。