ザッカンの雑感

映画を見て、契約読んで、クリームパンを食べて、今を生きてます。

当ブログのサイトマップ

当ブログについて

今のところ映画を紹介することが多い雑感ブログです。

映画カテゴリについて
実際に見た映画や映画本、映画関連ツールの感想記録です。

▼ 映画 カテゴリーの記事一覧 - ザッカンの雑感
 ∟▼ 監督別映画一覧 
 ∟▼ カテゴリ別映画一覧

 映画鑑賞法について書いた記事はこちら
わたしの映画鑑賞法

プライバシーポリシー
プライバシーポリシー - ザッカンの雑感

免責事項
免責事項等 - ザッカンの雑感

お問い合わせ先
TwitterアカウントがありますのでDMください。
Kan Zak (@Zakkan77350641) | Twitter

 

「あの人いなくなってほしい」が叶うのは幸せか? - 映画「テルマ」(Thelma, 2017) -

監督・タイトル

ヨアキム・トリアー監督の「テルマ」(Thelma, 2017)。

あらすじ(ネタバレあり)

敬虔なクリスチャンの両親元で厳しく育てられた*1テルマ(エイリ・ハーボー)。

両親から離れて一人暮らしで大学生活を始めるが、図書館にいた女性を見た直後、突然テルマは痙攣を起こして倒れてしまう。(同時にカラスが建物に衝突する。)

その日から悪夢を見たり、痙攣を起こしたりと普段と違うことが起こり始める。

そんな中で、図書館で見た女性アニャ(カヤ・ウィルキンス)と友人として仲良くなる。

ある晩、突然アニャがマンションの外庭に現れる。

アニャがなぜ来れたのか2人とも理由は分からない。

しかしそれをきっかけに関係を深め、夜遊び、飲酒、喫煙など*2に興じるようになる。

キリスト教の教えに反してアニャと友人以上の関係になるも、教えとの葛藤に苦しみ、アニャと距離を置く。

(子供の頃のシーンに移る。)泣き叫ぶ赤ちゃんの弟をうるさいと思って目をつぶると、突然弟が消えてしまう。

(現在に戻る。)原因不明の痙攣を調べるため、連泊での精密検査を実施する。

精密検査中にテルマが痙攣を起こし、テルマも含め誰にも知られずにアニャが消える。

検査の結果、医師からはストレスによるものと診断されるが、ずっと前に死んだはずの祖母がまだ精神病棟にいると知らされる。

精神病棟に行くと、存命の祖母が自分と同じような苦しみを持っていることを知る。

アニャが数日間消息がつかめていないことが分かる。

アニャの部屋に行くと、ガラスに複数本の髪の毛が埋まっているのを見る。

- ここからはぜひご視聴ください。 - 

youtu.be

感想

終始緊張が溶けず、じわじわとエンディングに向かっていく。

無駄なセリフはなく、喋る人間を撮るだけじゃ映画ではないんだ、という映画の良さここにあり、と感じさせました。

表現が稚拙ですが、めちゃくちゃ面白かったです。

さて、本記事タイトルに対する私なりの答えは、自分に害をもたらす人がいることも不幸だし、その人が思い通りにいなくなるのも不幸である、と思っています。

私は仏教徒ではないですが、ブッダの「人生の本質は苦である。」という教えは結構納得しています。

人は欲求が尽きません。

子供が欲しくて苦しかったけど、子供ができると子育てが忙しすぎて苦しい。

お腹が空いて苦しかったけど、食べたらお腹いっぱいで苦しい。

眠くて苦しかったけど、寝たら寝過ぎて苦しい。

お酒が飲みたくて苦しかったけど、飲んだら頭が痛くて苦しい。

そんなことが蔓延っています。

そんな苦しみから解放される手段に瞑想があります。

面白いのは、単に宗教的な修行に過ぎないと思える瞑想が、科学的にも精神を安定させる手段として非常に有効であるということが近年分かってきたことです。

英語ではマインドフルネスと言い、欧米で超大流行りの上で日本に逆輸入され、今の日本*3では「マインドフルネス」という呼び方の方が市民権を得ているかもしれません。

クリスチャンのテルマでも、仏教的な瞑想では無く、マインドフルネスとしての瞑想であれば受け入れられて本作のようなスリラーは起きなかったでしょう。

ちなみに以下の図書はアメリカのマインドフルネスブームの火付け役となった方の本ですのでご参考までに。

(ジョブスも愛読していたとのこと。)

 

以上読んでいただきありがとうございました。

*1:禁酒であったり、ロウソクにテルマの手を近づけて「地獄はこんな感じだ」と教えたり、毎晩心配で電話をかけるなど...

*2:ノルウェーでは喫煙、ビール、ワインは18歳、スピリッツは20歳からなので作中で違法ではない。

*3:歴史的に宗教色を帯びると敬遠されるのでカタカナの方が良いのかも

エイリアンの唾液はアレでできている - 映画「エイリアン」(Alien, 1979) -

リドリー・スコット監督の誰もが知る「エイリアン」(Alien, 1979)。

作中のエイリアンの口からは大量の唾液が垂れます。

襲うシーンで必ず垂れているので、人や動物と同じように食欲と関係していて消化酵素を含んでいるのかもしれません。

また、お椀に入ったご飯を待つワンちゃん以上に唾液の量が尋常では無いですから、心底人を食べたいという切実な想いが感じられます。

そのように考えるとエイリアンが身近に感じられ、人間とそこまで差は無いのではないか、とさえ思えてしまいます。

モンスター映画は「本当に怖いのは人間である」という主題がよく隠れており、本作も人間の怖さが垣間見えますが、唾液観点でも人間もモンスターも同じであるということなのかもしれません。

さて、本題の唾液の成分ですが、これはKYゼリーで作られているようです。

www.youtube.com

KYゼリーとはなんだ?という方のためにAmazonwikiリンク(英語)を貼っておきます。

K-Y Jelly - Wikipedia

こんなもので表現しているんだと知ってしまうと、さらにエイリアンを見る目がおかしくなってしまいます。

床に唾液が落ちていて、発見者が神妙な顔で「なんだこれは・・・?」と触るシーンはあるあるですが、「なんだこれは・・・?(だれが使ったんだ・・・?)」と思っているのかもしれません。

撮影のためにこのゼリーをカート一杯にして薬局やスーパーを駆け回っていたかもしれないと思うとスリルも飛んでしまいます。

映画は色んな見方がありますが、唾液の成分を知った上で再度視聴してみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに私が好きなシーンは船長であるアーサー・ダラス(トム・スケリット)が襲われるシーンです。

襲うというよりも、いないいないばあ!と驚かそうとしているように見えて、これもまた可愛らしい。
ディレクターズカット版では襲われた時にはまだ殺されていないストーリーになっており、やはり驚かせただけという可愛らしさが際立ちます。

youtu.be

以上読んでいただきありがとうございました。

ゾンビが実在するならまずはこれを買いたい(【映画】「バイオハザード」)

生ハムを乗せるオシャレなまな板は持ちやすくて攻撃も防御もできるため、私は普段から「世界が破滅に向かっている時に役立つ武器」と呼んでいます。(周囲の人は理解してくれる。)

このまな板に最近カッティングボードという名前があると知りました。

個人的にはこういういい感じの木目調が好きですが、持ち手がもう少し長い方が振り回しやすく終末向きだと思います。

このカッティングボードに生ハムを乗せて食べつつ、ゾンビが来たら攻撃を防いで後頭部を殴る。

そういう便利な使い方ができるわけです。

www.amazon.co.jp

扱いが難しいのは、ゾンビを倒した後にこれを使って食事をすると感染する危険性があるので、複数購入しておいてしっかりと殺菌乾燥させる時間を取らなければいけないことです。

ゾンビウイルスがどのように除菌できるか知られていないので、キッチンハイター、アルコール、煮沸と用心が必要でしょう。

そんなことをちょうどポール・W・S・アンダーソン監督の映画「バイオハザード」(Resident Evel, 2002)を見て思い出しました。

youtu.beこのポール・W・S・アンダーソン監督ですが、バイオハザードシリーズの最終章まで全て監督しているとのことで、ジュラシックパークでもハリーポッターでもシリーズ内で転々と監督が変わるものですから驚きです。

1人の監督ならシリーズ内で一貫した筋を作れるので、そういう意味でバイオハザードシリーズは内容がスッと入りやすい作品になっていると思います。

全部担当していることに加え、主演のミラジョボビッチと結婚までされていて、バイオハザードが人生そのものみたいな方ですね。

ちなみにバイオハザードのゲームシリーズでは一切登場しないアリスがなぜ映画では主人公になっているのか、疑問に思う方もいるんじゃないでしょうか。

実は女性主演のアクション映画を作りたいというのが理由だったみたいです。*1

引用記事中にはそのように書かれており、ジルは主人公柄ではないのか?など微妙な疑問は残りますが、アリスだからここまでヒットしたのだろう、やはりジルは不向きだった、そういうことなのだと思います。

【映画】「Run/ラン」

タイトル、配信年

RUN, 2020

監督・キャスト等

監督: アニーシュ・シャーガンティ

ダイアン・シャーマン(母親役): サラ・ポールソン

クロエ(主人公・娘役): キーラ・アレン

あらすじ

未熟児で産まれた高校生のクロエは、下半身が麻痺し、喘息、皮膚、心臓の持病等を患いながら母親に大事に大事に育てられてきました。

ある日クロエが母の買い物袋を見ると、母宛の名前が書かれた"Trigoxin"という薬を見つけます。

そしてその晩、母がそれと同じ見た目の薬をクロエ用の薬として飲むように促しました。

何かがおかしいと、クロエはこっそり夜中にネットで調べようとしますが、なぜかインターネットはつながりません。

母親の様子がおかしいのでこっそり薬局に電話して聞いてみると、その薬の効果が自分の持病の症状と酷似していることがわかります。

その日から母親への疑念を深めつつ、疑っていることを気づかれないように振る舞いながら、母親から逃げることを計画しますが・・・

感想(ネタバレあり)

ストリーミング配信の映画です。総じてめちゃくちゃ面白いです。

親の愛は子供を壊し得る

親であれば、子供のためと言いつつ、結局親自身のために行動してしまっていることが大なり小なりあると思います。

本作はその極大値を表現しているので、反面教師として4半期に1度ぐらいみるのもいいかもしれません。

自分の子育てを振り返って本当に子供のためか振り返る良いきっかけになると思います。

2人の微妙な関係性がいい!

母親のサイコパス感、娘の懐疑心・恐怖心の演技がめちゃいいです。

母ダイアンが、娘が何かに気づき始めているのでは、という不安を払拭すべく、娘に質問をし、

他方娘クロエは違和感を持っていることを感じさせないように取り繕う、

この微妙な匙加減の会話が緊張感を生んで素晴らしかったです。

2人の演技と絶妙なやりとりの会話(脚本)が素晴らしい。

トリゴクシン(Trigoxin)は実在する?

映画に登場するTrigoxinという薬は実在しないようです。

ただ、ジゴキシン(Digoxin)という薬が類似の効果を持っており、これをモチーフにしている可能性が高いです。

ジゴキシン - Wikipedia

良かったシーン

あらすじで書いた、クロエが夜中にこっそりパソコンで調べるシーンが個人的に怖すぎて超好きでした。

ネットが切れていて調べられないと分かると、クロエが座る場所からピントが廊下の奥に移されて、薄明かりに見える母親ダイアンがじっとこちらを見ているシーンです。(しかもクロエは気付いていない)

スリラー系ではありがちなシーンですが、母は娘をいつも見ているぞ、という感じがこのシーンに凝縮されていました。

映画まとめ

  • 映画館に行ったと思って配信サービスに登録していいレベル
  • グロはない
  • 最後はスッキリ
  • なぜかダンテ・トラクテンバーグ監督「10 クローバーフィールド・レーン」を思い出したので、興味がある方はそちらも。

youtu.be

【映画】「シー・フィーバー」

ナッサ・ハーディマン監督の「シー・フィーバー」(原題: Sea Fever, 2019)を視聴しました。

あらすじ

人付き合いの悪い研究生のシボーン(ハーマイオニー・コーフィールド)は研究のために漁船に乗って調査活動を始める。

赤毛の彼女は漁師たちにとってはタブーとされて最初は忌避されていたが、徐々に仲間に入れてもらう。

船内がいいムードのところでクジラが数頭船の近くで泳いでいるのを見かけて盛り上がる乗員たち。

しかし突然巨大な物体に衝突し、船も衝撃で動かなくなり孤立無援になる。

さらに船底から奇妙なスライム状の物体が染みだす。

どうやら船底に何が貼り付いているようなので外から剥がすことにするが・・・

感想

めちゃくちゃ面白い映画でした。

クリーチャー映画はまあクリーチャーが出て誰かが食べられて倒して終わりで、それも好きですが、そういう映画では全くありません。

人間関係

未知の寄生生物を描く本作、寄生生物はほぼ登場させずに人間関係にフォーカスを当てています。

「寄生されていないか確認するまで船内に留まること」を主張するシボーンとそれに反対する船員たちという構図なのですが、これがいい感じに人間関係を悪化させています。

論理的には正しいし、頭ではシボーンの主張も理解できるのですが、感情ではどうしてもそうできない。

その葛藤がリアルに描かれていました。

新型コロナウイルスの大流行において、濃厚接触者が外出自粛すべきか、マスクをすべきか、といった課題とパラレルに考えられる問題のような気がしました。

主人公の成長

本作で主人公シボーンは友人が一人もいないほど人付き合いが悪いのですが、船内で唯一解決できる頭脳としてリーダーシップをとる成長ぶりも見ものでした。

映像・音響

終始感情に合わせた音楽が映画とすごい調和してました。

また、寄生生物の色がエメラルドグリーンで美しい。

音と色を楽しむのもいいと思います。

また、クリーチャー映画ではクリーチャーを撮りますが、本作ではクリーチャーをあえて控えめに撮っています。

控えめというより、通常のクリーチャー映画だったら、もっと映すだろ!この角度だろ!という撮り方を全くしません。

ですので、クリーチャー映画を期待してみると★1つなんて評価になると思います。

逆にホラー系・スリラー系の映画として見るとかなりヒットすると思います。

まとめ: こんな映画

  • 孤立無援、寄生生物、悪化する人間関係といった点で「遊星からの物体X」に似ている
  • クリーチャーの登場はかなり少ない
  • シーンは少ないがグロあり
  • クリーチャーは多触手・寄生系

 

www.youtube.com