ザッカンの雑感

映画を見て、契約読んで、クリームパンを食べて、今を生きてます。

【映画】「アウトブレイク」

ウォルフガング・ペーターゼン監督の「アウトブレイク」(原題: Outbreak, 1995)のご紹介です。

【あらすじ】
1967年、ザイール内戦の傭兵駐屯地で未知のウイルスが発生します。このウイルスはエボラ出血熱に似た症状を引き起こし、驚異的な速さで人を死に至らしめます。米軍はこれを爆撃という手段で消滅させますが、爆撃地から無事に逃げ出すサル達が……。
時は現代に変わり、ザイールの村で原因不明の出血熱が発生。米陸軍の感染症対策を担当するサム・ダニエルズ(ダスティン・ホフマン)率いるケイシー中佐(ケヴィン・スペイシー)とソルト少佐(キューバ・グッディング Jr.)のチームが現場に急行しますが……。

【感想・考察】
非合理的性故に人間
ノーベル生理学・医学賞受賞者のジョシュア・リーダーバーグの言葉が冒頭で引用されます。

The single biggest threat to man's continued dominance on the planet is the virus.(地球における人間の継続的支配に対する一つにして最大の脅威はウイルスである。)
Joshua Lederberg(ジョシュア・リーダーバーグ)

普通に読めばウイルスが脅威であるという話の前出しなのですが、私は他でもない「人間」にとっての脅威はウイルスであると、「人間」にポイントを置いているように思いました。この映画の登場人物は過信、虚言、隠蔽、傲慢、不正直等、非合理的な判断をしますがまさに人間的な行動をとります。ウイルスの対処には合理的な判断を要しますが、人間は非合理的だから人間の脅威はウイルスであるという引用を用いたのだと思いました。逆説的ですが非常に本質を突いているメッセージが込められていると思います。

変幻自在の演技
サムの新人チームメイト役のソルト少佐としてキューバ・グッディング Jr.が出演しています。彼の村での鬼気迫る迫真の演技が見ものです。以前当ブログでも紹介した「ザ・エージェント」ではお喋りが止まらないフットボール選手役を演じていたのですが、同一人物とは思えないほど変幻自在の演技をしています。彼は「ザ・エージェント」でアカデミー賞助演男優賞を受賞しており、その演技力は折り紙付きです。

【終わりに】
これほどの人間の卑劣さは現実では起きないと思いますが、パンデミックも人間も恐ろしいです。

以上読んでいただきありがとうございました。

ザ・エージェント」の記事はこちらから。

zak-kan.hatenablog.com