ザッカンの雑感

映画を見て、契約読んで、クリームパンを食べて、今を生きてます。

【映画】「めまい」

アルフレッド・ヒッチコック監督の「めまい」(原題:Vertigo, 1958)のご紹介です。

【あらすじ】
犯人を追いかけ建物の屋根を走っているときに、目の前で同僚が高所から落ちるのを見てしまい、それから重度の高所恐怖症を患うジョン・ファーガソンジェームズ・スチュアート)。
事故により警察を退職した後、友人からある依頼を受けます。それは、友人の妻(キム・ノヴァック)が幽霊に取り憑かれているから危険が及ばないように監視してもらいたいというものでした。嘘のような話を疑いながら友人の頼みということで依頼を受けますが、ジョンは彼女に惚れてしまい……

【感想】
先が読めない展開
敢えてヒントを置いて先が読める映画も面白いのですが、先が読めないながらも観客を迷わせず引き込む映画もよいですね。本作は起承転転転結!程度には事態が動き、先が気になって仕方がないと思いながら見させられました。この展開の動きは他の監督映画ではほぼ存在しないと思います。以前紹介した同監督の「サイコ」も同様ですが、このストーリーの組み立ては素晴らしいです。

マッキトリックホテルの謎
最後まで見終わってもマッキトリックホテルのやり取りがどうも腑に落ちません。ジョンの追跡中、マッキトリックホテルに入ったマデリンを追ってジョンもホテルに入るのですが、ホテルの支配人はマデリンがいないと言うのです。ホテルの支配人が見過ごしたという描写もありませんし、マデリンが急いでジョンを撒く必要も無かったシーンだと思います。脚本ミスでなければどういう意図があったのでしょう…。(アイディアある方はコメントにぜひ)

傑作と言われつつちょっと笑える
サスペンスながら、ジョンが悪夢に襲われるシーンが個人的に「ふふっ」となってしまいました。司会進行が顔だけ映る「すすぬ電波少年」的なものを感じてしまい、映画公開当時では画期的エフェクトだったかもしれませんが、テレビの悪い影響を受けてしまいました。もちろん本作の良さに影響は全くしませんが。
f:id:zak-kan:20220504142942j:image

【終わりに】
英国映画協会のBEST 100にも上位で選ばれている本作、やはり評判通りでした。

以上読んでいただきありがとうございました。

ヒッチコック監督の「サイコ」はこちらから。

zak-kan.hatenablog.com

英国映画協会のBEST 100についてはこちらから。

zak-kan.hatenablog.com