ザッカンの雑感

映画を見て、契約読んで、クリームパンを食べて、今を生きてます。

【映画】「Run/ラン」

タイトル、配信年

RUN, 2020

監督・キャスト等

監督: アニーシュ・シャーガンティ

ダイアン・シャーマン(母親役): サラ・ポールソン

クロエ(主人公・娘役): キーラ・アレン

あらすじ

未熟児で産まれた高校生のクロエは、下半身が麻痺し、喘息、皮膚、心臓の持病等を患いながら母親に大事に大事に育てられてきました。

ある日クロエが母の買い物袋を見ると、母宛の名前が書かれた"Trigoxin"という薬を見つけます。

そしてその晩、母がそれと同じ見た目の薬をクロエ用の薬として飲むように促しました。

何かがおかしいと、クロエはこっそり夜中にネットで調べようとしますが、なぜかインターネットはつながりません。

母親の様子がおかしいのでこっそり薬局に電話して聞いてみると、その薬の効果が自分の持病の症状と酷似していることがわかります。

その日から母親への疑念を深めつつ、疑っていることを気づかれないように振る舞いながら、母親から逃げることを計画しますが・・・

感想(ネタバレあり)

ストリーミング配信の映画です。総じてめちゃくちゃ面白いです。

親の愛は子供を壊し得る

親であれば、子供のためと言いつつ、結局親自身のために行動してしまっていることが大なり小なりあると思います。

本作はその極大値を表現しているので、反面教師として4半期に1度ぐらいみるのもいいかもしれません。

自分の子育てを振り返って本当に子供のためか振り返る良いきっかけになると思います。

2人の微妙な関係性がいい!

母親のサイコパス感、娘の懐疑心・恐怖心の演技がめちゃいいです。

母ダイアンが、娘が何かに気づき始めているのでは、という不安を払拭すべく、娘に質問をし、

他方娘クロエは違和感を持っていることを感じさせないように取り繕う、

この微妙な匙加減の会話が緊張感を生んで素晴らしかったです。

2人の演技と絶妙なやりとりの会話(脚本)が素晴らしい。

トリゴクシン(Trigoxin)は実在する?

映画に登場するTrigoxinという薬は実在しないようです。

ただ、ジゴキシン(Digoxin)という薬が類似の効果を持っており、これをモチーフにしている可能性が高いです。

ジゴキシン - Wikipedia

良かったシーン

あらすじで書いた、クロエが夜中にこっそりパソコンで調べるシーンが個人的に怖すぎて超好きでした。

ネットが切れていて調べられないと分かると、クロエが座る場所からピントが廊下の奥に移されて、薄明かりに見える母親ダイアンがじっとこちらを見ているシーンです。(しかもクロエは気付いていない)

スリラー系ではありがちなシーンですが、母は娘をいつも見ているぞ、という感じがこのシーンに凝縮されていました。

映画まとめ

  • 映画館に行ったと思って配信サービスに登録していいレベル
  • グロはない
  • 最後はスッキリ
  • なぜかダンテ・トラクテンバーグ監督「10 クローバーフィールド・レーン」を思い出したので、興味がある方はそちらも。

youtu.be