ザッカンの雑感

映画を見て、契約読んで、クリームパンを食べて、今を生きてます。

【映画】「裏窓」

アルフレッド・ヒッチコック監督の「裏窓」(原題:Rear Window, 1954)のご紹介です

【あらすじ】
L・B・ジェフリーズ(ジェームズ・スチュアート)は安アパートで独り暮らしをしている。彼は事故で全治7週間の左足骨折を負い、毎日家の中で過ごしていた。彼に会いに来るのは看護師のステラ(セルマ・リッター)と恋人リザ(グレース・ケリー)だが、彼女らと話す以外はすることもないので、裏窓からアパートの各部屋を覗き見るのが趣味になっていた。骨折が治るまであと1週間を残したある日、仲が悪い夫婦の夫ソーワルド(レイモンド・バー)が深夜に何度も外出しては部屋に戻るを繰り返すという不自然な行動をとっているのを偶然覗き見てしまう。しかもその日から彼の妻を見かけない。事件が起きているのではないか、と更に覗き調査を続けるが……。

【雑感】
思わず覗き見てしまう人間の心理
この映画はすごい見入ってしまいました。私は道を歩くときに、道に面した窓のカーテンが開いていると、歩きながらなぜかちょっと覗き見てしまう悪い癖があるんです。見たいと思っていなくても、ふと目が向いてしまう。好奇心からきているのか、程度は違えど、私以外にも見てしまう方はいるんじゃないでしょうか。
この映画は終始主人公の部屋から「覗き見る」視点で映されますので、そういう悪い癖がある方は思わず見入ってしまうと思います。人間の心理を巧みに利用したストーリーと撮影手法にまんまと乗せられてしまいました。

生き方の断面図
アパート住民を並べると、見事に多種多様な生き方を反映していたことが分かります。当時の生き方の断面図といえます(現在と変わらないこともわかります。)。それぞれにドラマがあり、それを覗き見る面白さ(私たち観客は主人公の生活も覗き見る面白さ)があります。

  • 子供もいる幸せな家族
  • 仲睦まじい新婚夫婦
  • 子供がおらず犬を飼う中年夫婦
  • 多くの男性に囲まれる若い女性のバレエダンサー
  • 男性との付き合いが不器用な独り身の中年女性
  • 仕事の出来に納得がいかない独身の男性作曲家*1
  • 創作活動に勤しみながら日々を楽しむ独身の中年女性
  • 妻がガミガミうるさい中年夫婦(事件の発端)
  • 恋人から結婚を考えて欲しいと言われる中年の男性カメラマン(主人公)

【終わりに】
これは文句無しで面白すぎます。ヒッチコック作品は全部見ていませんが、面白いものばかりで本当にすごい。他のものも見てまたご紹介します。

以上読んでいただきありがとうございました。

 

*1:作曲家の後ろで時計のネジを回す謎のおじさんとしてヒッチコックカメオ出演しています。